超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査(EUS)とは,内視鏡を用い超音波を体内から送受信し消化管壁や周囲組織・臓器などの超音波診断をおこなう検査です。体表からの超音波検査では胃や腸の中の空気や腹壁、腹腔の脂肪、骨が、超音波をとらえて画像にする際に妨げになることがあります。また、体表からの検査では体表近くから深部までの画像を得るために減衰が少ない比較的低周波数の超音波を用いています。しかしながら、低周波数の超音波検査では分解能に限界があり、高い分解能を持った詳細な画像情報が必要となるがんの壁深達度診断などには適しません。その欠点を改良したものが、超音波内視鏡検査です。5〜30MHzという比較的高い周波数の超音波を用いることにより、消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)にある病変の粘膜表面での拡がりだけでなく、どの深さまで及んでいるか?消化管壁深部から発生している病変に関しては病変がどの深さから発生しているのか?などを観察することができます。また、胃や十二指腸と隣接している胆嚢・胆管 ・膵臓なども、胃壁あるいは十二指腸を通して精密に調べることができます。実際の検査法ですが、通常の内視鏡検査と同様、内視鏡を病変の近くまで進めた後、超音波が胃など消化管内に溜まった空気を透過できないことより、消化管内や内視鏡先端に装着したバルーン内に一時的に水を貯めて観察を開始することとなります。超音波内視鏡検査には大きく2種類あり、斜視型内視鏡の先端部に超音波を送受信する「超音波振動子」が付いた特殊な超音波内視鏡を用いるものと、通常観察用内視鏡の鉗子口に細径超音波プローブを通して挿入して行うものに分けられます。これらは、精密検査になりますので、検査時間は、通常の内視鏡と比べ多少長くなります。

 十二指腸カルチノイドに対する超音波内視鏡検査
   
 内視鏡像  超音波画像

 

超音波内視鏡検査に関連する消化器NOWの記事

   関連する記事はありません。