内視鏡的乳頭括約筋切開術

1.内視鏡的乳頭切開術とは

(以下は削除)

胆汁が十二指腸に流れ出る出口を、内視鏡で見ながら電気メスで切り拡げる治療法です

(参照:内視鏡的逆行性胆管膵管造影)。

 

(以下は胆道ドレナージでの記載と重複しているので削除)

胆汁は肝臓で作られ、身体に不要になった物を体外に出す働きと、栄養素である脂質の吸収を助ける働きがあります。胆汁は胆管という管を通って十二指腸に流れ出しています。途中に胆嚢という胆汁を一時的に溜めたり、濃縮したりするための袋があります。胆管が十二指腸に開く出口の部位を十二指腸乳頭と呼び、胆汁の流れを調節するために絞ったり緩んだりする括約筋が存在しています。

 

 胆管に出来た胆石や胆嚢から落ちた胆石が胆管の出口で詰まってしまうと胆管炎や黄疸が起こります。この胆管内胆石を、お腹を切り開かずに内視鏡を使って砕いて取り出す方法が内視鏡的胆管結石砕石術です。この治療のためには、胆石を砕いたり取り出したりする道具を十二指腸乳頭から胆管の中に入れる必要があります。

しかしながら通常の十二指腸乳頭には括約筋があって締まっているために、それらの道具を出し入れすることが簡単ではありません。また、胆石を取り出すためには、出口をある程度まで拡げておく必要があります。その方法のひとつが内視鏡的乳頭括約筋切開術で、内視鏡で見ながら電気メスで切り拡げる治療法です。英語の頭文字をとってESTと呼びます(以下はESTと略します)。

2.方法

ESTには内視鏡の中を通る細いチューブの先端についた電気メスを使います。内視鏡とレントゲン透視で観察しながら、電気メスを十二指腸乳頭から胆管内に差し込み、出口を5mmから10mm切り開きます。うまく胆管内に差し込めれば切開そのものは数分で終了しますが、通常は引き続き砕石を行います。

3.偶発症について

ESTにはいくつかの合併症(偶発症)が起こることがあります。

ひとつには、切る治療法ですので出血の可能性をゼロには出来ません。頻度は1〜4%で、治療した時には出血が無くても後から出血することがあります。多くの場合、内視鏡的に止血できますが開腹手術が必要になることもあります。

次に多いのが急性膵炎です。これは膵液の出口も十二指腸乳頭にあるために、切開や砕石の影響によるむくみや炎症で、膵液の流れが悪くなるためだと考えられています。同様に一時的に胆汁の流れが悪くなり胆管炎が起こることもあります。

また頻度は高くありませんが、十二指腸に穴が空いてしまったり、胆石がうまく壊れずに治療のための道具が引っ掛かってしまうことがあります。これらの場合には入院が長くなったり、手術や体外衝撃波治療が必要になることがあります。

 内視鏡的胆管結石砕石術は優れた治療法ですが、胆石の大きさや存在する部位によっては治療できないことがあります。また過去の手術のために通常の消化管のつながりと異なる場合も治療できないことがあります。

内視鏡的乳頭括約筋切開術に関連する消化器NOWの記事

   関連する記事はありません。