内視鏡的乳頭バルーン拡張術

ファーター乳頭は、胆管および膵管が十二指腸に開口する場所です。胆汁と膵液はここを通って十二指腸に排出されます。

内視鏡的乳頭バルーン拡張術は、内視鏡を使ってVater乳頭に挿入したバルンカテーテルを膨らませることにより、胆管の出口であるVater 乳頭の内腔を拡張する手技です。主に、胆管結石を胆管内から取り出すために行われます。同じ目的で行われる内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)と比較して、出血のリスクが低く、膵炎のリスクが高いといわれています。

ESTを行えない患者さん(出血傾向のある患者さんや胃の切除術をBillroth?法で再建した患者さんなど)が適応となりますが、高度の出血傾向がある場合は禁忌となります。内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)と比べて乳頭括約筋の機能を温存できるとする報告もあります。

 実際の方法は、内視鏡を使ってVater乳頭の入り口から胆管に向かってワイヤーを挿入し、バルーンカテーテルを挿入するためのガイドにします。レントゲンをみながら、ワイヤーに沿わせてバルーンカテーテルを進め、乳頭の位置にバルーンを固定します。そこで、バルーン内に水を注入し、バルーンを膨らませることによりVater 乳頭の内腔を拡げます。その後、処置具を用いて結石を取り出します。ESTと比べて乳頭の開口が小さいため、処置具の挿入や結石取り出す時の操作は慎重に行う必要があります。

内視鏡的乳頭バルーン拡張術に関連する消化器NOWの記事

   関連する記事はありません。