エコー

超音波検査(Ultrasonography;US)

超音波をからだに当て、対象物から跳ね返ってくる反射波を受診して画像を作り上げることで、からだの断面の状態を調べることのできる画像検査です。非常に安全で、特別な副作用もなく、苦痛なく受けることができます。腹部や消化器系の疾患、特に肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、脾臓、腎臓の検査には欠かせないもので、聴診器代わりに使用されます。ただし、空気は超音波を十分に伝播しませんので、消化器領域であれば胃や腸のような空気を含んだ臓器の検査には制約があります。臓器の形、大きさの検査や、石や腫瘍などが無いかどうかの検査に威力を発揮します。また、使用する装置によっては、血液の流れ具合を見ることも可能であり、更に造影剤を用いることで腫瘍の血流状態などから癌かどうかの質的診断も可能になってきました。

 慢性肝炎や肝硬変をお持ちの方では、肝細胞癌が高率に発生します。肝細胞癌が発生しても、進行しない限り無症状ですので、より早く、小さい状態で発見し、有効に治療するため、定期的に本検査を行うことが勧められます。また、脂肪肝が存在する場合、肝臓が全体に白っぽく描出されますので、診断に非常に有用です。右上腹部の痛みに対して、胆石が無いかどうか、胆嚢炎を生じていないかどうかが迅速に判断可能です。また、黄疸をみた場合、肝細胞の障害に基づく黄疸か、胆管がふさがることによる黄疸かによって、治療方針がまったく異なりますが、本検査を行うことで即座に判断可能であり、迅速な治療方針決定に結びつきます。本検査は、健康診断や人間ドックにも広く採用され、上に記した諸臓器の早期癌の診断に役立っており、また、肝血管腫、各種臓器の嚢胞、胆嚢ポリープ、胆石、腎結石などの発見につながり、安価で無浸襲な経過観察にも役立っています。



エコーに関連する消化器NOWの記事