一般のみなさまへ for citizen

中国支部

食道で増えている病気-逆流性食道炎と食道癌-

藤代 浩史(島根県立中央病院)


 逆流性食道炎という病気をご存知でしょうか。もともと日本人はピロリ菌の感染率が高く、ピロリ菌が原因となる胃、十二指腸潰瘍や胃癌といった病気が多く認められています。そのせいか胃の病気については関心のある方は多かったのですが、食道の病気についてはあまり知られていませんでした。ところが最近は食道の病気についても感心のある方が増えてきています。おそらく逆流性食道炎の患者さんが増えてきたこともその一因と思われます。
 今回は最近増えている食道の病気として、逆流性食道炎を中心に述べたいと思います。

【逆流性食道炎の成因】

 逆流性食道炎はどのような原因で生じるのでしょうか。
逆流性食道炎は胃の内容物が食道に逆流してくることにより生じる病気です。胃の中には胃酸という酸性の強い消化液があり、主に胃酸の逆流により食道粘膜が障害を受けて食道炎を生じます。食道は食事を口から胃に送るのが主な役割で、食べたものを消化する働きはなく、消化液による刺激には抵抗力が強くありません。したがって胃の内容物は食道に簡単には戻らないように、胃と食道のつなぎ目は筋肉(下部食道括約筋といいます)で締まった状態になっており、食事が通るときだけ緩むという仕組みになっています。ところが胃が膨らむと一時的にこの筋肉がゆるむ生理現象があります(食事の後などでゲップが出るような状態です)。この生理現象でも胃酸が逆流して症状が出ることがあります。さらに食道裂孔ヘルニアという筋肉の緩んだ状態になると簡単に胃酸逆流が生じてしまい食道炎を発症しやすくなります(図1)。また肥満による腹圧の上昇も逆流の原因となりやすいとされています。一方で最近の食生活の変化による脂肪摂取量の増加や、ピロリ菌感染率の低下は胃酸の分泌量を増やします。これが逆流する胃酸の増加につながり食道炎が増加する原因とも言われています。

【逆流性食道炎の症状】

 逆流性食道炎には次のような症状があります。典型的な症状としては胸やけ、呑酸があります。ただし人によって症状の捕らえ方は様々です。胸やけという症状一つにしても、すっぱいものが上がってくる、食べ物がしみる、胸が焼ける、胃酸が上がるなど多彩な表現をされることが多く、意外とこのような症状であれば自覚される方も多いのではないでしょうか。またつかえ感や胃が痛いと感じる方もみられます。
そのほかの症状として、胸の痛みやのどの違和感や咳、口の苦味なども逆流性食道炎の症状のことがあります。これらの症状を自覚された方は、循環器科や呼吸器科、耳鼻科を受診されることも多いようです。受診された診療科で検査をされても異常がないときには、逆流性食道炎の可能性があります。直接消化器の症状ではないように思われるかもしれませんが、逆流性食道炎にはこのような症状があることが知られるようになり、耳鼻科や循環器科の医師から消化器内科の受診を勧められることも多くなっています。
 さらに最近では逆流した胃内容が口の中から気管や耳管を刺激して喘息や耳痛を生じることもあるといわれています。
 その他の症状として、逆流性食道炎は粘膜障害部から出血を生じることがあります。吐血をするような多量の出血を生じることはまれですが、慢性的に出血すると鉄欠乏性貧血を生じます。また食道炎を繰り返すことで食道のない空が狭くなり(狭窄といます)、食事が通りにくい状態となることもまれですが認められる症状です。このような症状を有する場合は重症例と考えてよいと思います。このように逆流性食道炎は多彩な症状を有する疾患です。

【逆流性食道炎の診断】

 逆流性食道炎では、症状から診断し、治療効果をみるという方法もありますが、私どもの施設では、基本的には治療前に内視鏡検査を受けられることを勧めしています。図2に内視鏡で観察された逆流性食道炎を示します。正常の粘膜に傷がつき、びらんを形成しているのがわかります。このように内視鏡検査を行うことで自覚されている症状が逆流性食道炎によるものであることを確認し、他疾患(胃潰瘍や胃癌、食道癌など)の除外を行います。さらに食道炎の程度を加味した治療も行いやすくなります。その他の診断法としてはバリウムを使ったレントゲン撮影もありますが、現在は内視鏡検査が主体となっています。

【逆流性食道炎の治療】

治療には生活改善 薬物療法 外科的治療があります。
1)生活改善と薬物療法
食事内容によっては逆流性食道炎を起こしやすくなるものがあります(図3)。また腹圧の上がるような前かがみの姿勢を避けたり、食事の改善などの生活習慣を変えること(図4)である程度の予防、治療が可能ですが、薬物療法が有効であることが多いです。現在では逆流性食道炎の治療は薬物療法が手となっています。治療に使用される内服薬は図5に示すようなものがあります。なかで酸分泌抑制剤は治療効果が高いと報告されています。また、他の薬剤も酸分泌抑制剤と併用することで治療効果が上がることが知られています。担当の医師と症状や他疾患での内服薬との飲み合わせなど相談し、より合ったものを処方してもらうようにしてください。
2)外科的治療
 薬物治療の効果が乏しい場合や、食道炎による粘膜障害が高度になって凶作や貧血を生じるような出血を繰り返すような方には、手術により逆流を防止する治療が行われることがあります。ただ、手術は侵襲の強い治療法であり、十分な内科的治療が行われた後に検討されるべき治療法です。

【食道癌にも注意しましょう】

 逆流性食道炎について述べてきましたが、食道癌も増えている食道の病気です。逆流性食道炎で自覚症状とされるつかえ感や食べ物がしみる感じなどは、食道癌でも認められる症状です。また図6に示すような生活習慣を持った方は、食道癌が発症しやすいことが知られています。症状があり、このような生活習慣のある方は内視鏡検査を受けていただきたいと思います。最近は特殊な光処理を行う内視鏡装置で検査を行うことで、食道癌の早期発見例が増えており、治療として侵襲の少ない内視鏡治療を行う症例が増えてきました。また逆流性食道癌に合併することが多いとされるバレット食道癌も最近増加しています。胸やけに類似した症状がある方は医療機関で相談していただき、内視鏡検査も検討していただくのが良いと思います。

【終わりに】

今回は逆流性食道炎について主に述べ、食道癌についても少し説明いたしました。ご自分に思い当たる症状がありませんでしたか?普段はあまり気にしていなくても“そういえば”というようなことは良くあると思います。気になること、心配なことがあればお近くの消化器内科にご相談されることをお勧めします。

図  表 

拡大画像へ
リンクします

図1

図2

図3

図4

図5

図6