一般のみなさまへ for citizen

専門医の健康診断

吐血と下血

吐血

吐血は食道、胃、十二指腸など上部消化管から出血した場合にみられます。
ただし、口から血液を吐く病気が全て消化管に由来するわけではなく、消化管出血の他にも肺から出血する喀血であったり、飲み込んだ鼻血の場合もあります。 吐血では真っ赤な血が出る場合と、黒っぽい(コーヒー残渣様と形容されます)血が出る場合があり、前者は出血してから吐血するまでの時間が短い場合で、後者で は胃液によって血液中のヘモグロビンが変色し、出血してから数十分から数時間経過している場合です。
吐血をおこす病気の頻度は、以下の順に考えられます。


  1. 胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍
  2. 食道静脈瘤
  3. 胃悪性腫瘍(がん)
  4. 出血性胃炎
  5. マロリー・ワイス症候群など

胃、十二指腸潰瘍は繰り返し再発することが多く、一度出血を伴った潰瘍では再 出血しやすいようです。アスピリンなどの解熱鎮痛剤の使用は経口服用だけでなく座薬でも潰瘍の原因となります。これらの出血の多くは内視鏡時に止血することが できるようになってきました。
最近胃内に感染しているヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という菌が消化性 潰瘍が原因の一つであり、この菌を抗生物質等で除菌することにより高い確率で再発が防止できることがわかってきました。吐血をくりかえす人は一度消化器の専門 医に相談してみるのが良いでしょう。ただし、現在のところ除菌に伴う費用は保険が適応されていません。
食道静脈瘤は肝硬変の人にみられます。吐血は静脈瘤が破裂し出血することによ りますが、鮮紅色で比較的多量の出血が生じます。食道静脈瘤からの出血は内視鏡的治療により予防できるようになっていますので、ぜひ専門の医師と連絡を密にと れるようおすすめします。
マロリー・ワイス症候群は嘔吐をくり返す時に粘膜に傷が出来て出血するものでお酒の飲み過ぎでしばしばみられます。
吐血は消化管で重大なことが起こっているシグナルです。速やかに原因を究明、 止血処置などの治療が必要です。自己診断せず消化器専門の医師の診断および治療を受けることが大切です。

下血 

下血は上部消化管だけでなくそれ以下の小腸や大腸など消化管全体の出血でもみ られます。一般に十二指腸と小腸の境目より肛門側で出血した場合、腸管に通過障害がない限り下血として排出され、吐血となることはありません。
下血は出血部位や出血量により黒色便(タール便)赤い鮮血便に分けられます。 黒色便では主に上部消化管からの出血によりますが、盲腸や上行結腸からの出血でも黒色となることがあります。横行結腸以下の出血では肛門に近づくほど鮮紅色の 血便となります。新鮮血の排出がみられ、便の表面に付着する時にはさらに下部のS状結腸、直腸や肛門からの出血が考えられます。なお、粘血便とは肉眼的に判明 できるくらいの粘液と血液が混入しているもので、大腸粘膜の炎症や潰瘍性変化により起こります。
下血の原因としては大きく4つにわけられます。


  1. 腫瘍性ポリープや癌
  2. 炎症性クローン病、潰瘍性大腸炎、感染性、腸炎や薬剤性腸炎など
  3. 血管性虚血性大腸炎や痔など
  4. その他大腸憩室など

受診の際には、発症以前に食べた物や使用した薬剤、便秘や下痢の有無または持病などが診断の手掛かりとなります。自己診断せず消化器専門の医師の診断および治療を受けることが、大切です。 

浜松医科大学 内科名誉教授 金子 榮蔵 



|  腹痛  |  下痢と便秘  |  吐血と下血  |  黄疸(おうだん)  |