炎症性腸疾患(IBD)

ガイドライン一覧

概要

日本消化器病学会編集によるガイドライン。炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)に関する膨大な文献を評価し、GRADEシステムの考え方を取り入れてエビデンスレベルと推奨度を決定。IBDの臨床像、診断、治療、合併症、癌サーベイランスにおける診療上問題となるテーマについてクリニカルクエスチョン形式で診療指針を示す。一般内科医・非専門医向け。

目次

  • 第1章 IBDの臨床像
    CQ1-1 IBDの定義,病態は?
    CQ1-2 IBDの疫学は?
    CQ1-3 UCの原因,危険因子は何か?
    CQ1-4 CDの原因,危険因子は何か?
    CQ1-5 IBDの病態・分類・重症度の評価は?
  • 第2章 診断
    CQ2-1 IBDの診断はどのように進めるか?
    CQ2-2 IBDを疑う症状,身体所見は?
    CQ2-3 IBD診断に有用な臨床検査は?
    1 内視鏡(組織採取を含む)
    CQ2-4 UCの診断に内視鏡はどのように用いるか?
    CQ2-5 CDの診断に内視鏡はどのように用いるか?
    2 画像検査
    CQ2-6 UCの診断に画像検査はどのように用いるか?(内視鏡以外)
    CQ2-7 CDの診断に画像検査はどのように用いるか?(内視鏡以外)
  • 第3章 治療総論
    CQ3-1 IBD患者は禁煙すべきか?
    CQ3-2 IBD患者は禁酒すべきか?
  • 第4章 IBDに対する治療介入法
    CQ4-1 IBD治療における5-ASA製剤の有益性・有害性と適応は?
    CQ4-2 IBD治療における副腎皮質ステロイドの有益性・有害性と適応は?
    CQ4-3 IBD治療における免疫調節薬の有益性・有害性と適応は?
    CQ4-4 IBD治療における抗菌薬,probioticsの有益性・有害性と適応は?
    CQ4-5 IBD治療における抗TNF製剤の効果は?
    CQ4-6 IBD治療における栄養療法の有益性・有害性と適応は?
    CQ4-7 IBD治療における血球成分除去療法の適応と,治療効果および有害性は?
    CQ4-8 IBDの外科的治療の有益性・有害性は?
  • 第5章 潰瘍性大腸炎の治療
    1 軽症~中等症の活動期遠位大腸炎
    CQ5-1 軽症~中等症の活動期遠位UC治療における5-ASA製剤の適応は?
    CQ5-2 軽症~中等症の活動期遠位UC治療における副腎皮質ステロイドの適応は?
    CQ5-3 軽症~中等症の活動期遠位UC治療におけるその他の治療の適応は?
    CQ5-4 直腸炎タイプの軽症~中等症の活動期遠位UCの治療は?
    2 軽症~中等症の活動期広範囲大腸炎
    CQ5-5 軽症~中等症の活動期広範囲UC治療における5-ASA製剤の適応は?
    CQ5-6 軽症~中等症の活動期広範囲UC治療における副腎皮質ステロイドの適応は?
    CQ5-7 軽症~中等症の活動期広範囲UC治療におけるその他の治療の適応は?
    3 重症の活動期潰瘍性大腸炎
    CQ5-8 重症の活動期UC治療における副腎皮質ステロイドの適応は?
    CQ5-9 重症の活動期UC治療における免疫調節薬の適応は?
    CQ5-10 重症の活動期UC治療における抗TNF製剤の適応は?
    CQ5-11 重症の活動期UC治療における血球成分除去療法の適応は?
    4 寛解期の維持治療
    CQ5-12 寛解期のUC治療における5-ASA製剤の適応は?
    CQ5-13 寛解期のUC治療における免疫調節薬の適応は?
    CQ5-14 寛解期のUC治療において抗TNF製剤はどのように用いるか?
    CQ5-15 その他の治療法はいつ適応となり,どのように用いるか?
    5 外科的治療
    CQ5-16 UCに対する外科的治療の適応は?
    CQ5-17 UCの外科的治療ではどのような手術を行うか?
    CQ5-18 UCの外科的治療における合併症とその治療は?
  • 第6章 クローン病の治療
    1 軽症~中等症の活動期
    CQ6-1 軽症~中等症の活動期CDの治療は?
    2 中等症~重症の活動期
    CQ6-2 中等症~重症の活動期CDの治療は?
    3 重症~劇症の活動期
    CQ6-3 重症~劇症の活動期CDの治療は?
    4 肛門周囲病変
    CQ6-4 CDの肛門周囲病変における内科的治療は?
    5 消化管合併症(瘻孔,狭窄,出血,膿瘍)
    CQ6-5 CDの消化管合併症(1):瘻孔に対する治療は?
    CQ6-6 CDの消化管合併症(2):狭窄に対する治療は?
    CQ6-7 CDの消化管合併症(3):出血に対する治療は?
    CQ6-8 CDの消化管合併症(4):膿瘍に対する治療は?
    6 その他の消化管病変
    CQ6-9 CDの上部消化管病変における治療は?
    7 寛解期の維持治療
    CQ6-10 寛解期CDの再燃を予防するためにどのような生活上の注意が必要か?
    CQ6-11 寛解期CDの再燃を予防するためにどのような治療を行うか?
    8 外科的治療
    CQ6-12 CDの外科的治療の適応は?
    CQ6-13 CDの外科的治療ではどのような手術を行うか?
    CQ6-14 CDの外科的治療における合併症とその治療は?
  • 第7章 消化管外合併症
    CQ7-1 IBDの消化管外合併症とその治療は?
  • 第8章 癌サーベイランス
    CQ8-1 UCの癌のスクリーニングとサーベイランスは?
    CQ8-2 CDの癌のスクリーニングとサーベイランスは?
  • 第9章 特殊状況のIBD
    CQ9-1 IBD患者における妊娠・出産の際の治療は?
    CQ9-2 高齢者のIBDにおける留意点は?
  • 索引


Get Adobe Acrobat ReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

書籍の購入は、下記書店および南江堂にて取り扱っています。

取り扱い書店一覧URL
http://www.nankodo.co.jp/pages/shoplist.aspx

株式会社南江堂URL
http://www.nankodo.co.jp/

転載申請は、下記ページから手続きをお願い致します。
http://www.nankodo.co.jp/pages/reproduction_jsge.aspx