English

C型非代償性肝硬変の治療に対する「エプクルーサ® 配合錠」適正使用へのご協力のお願い

C型非代償性肝硬変の治療に対する「エプクルーサ® 配合錠」適正使用へのご協力のお願い

 ギリアド・サイエンシズ株式会社から以下の「適正使用のお願い」の協力を求められており、会員の皆様におかれましても、ご留意頂けますよう宜しくお願い致します。


 平成31年2月26日より、「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」及び「前治療歴を有するC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果として、ソホスブビル/ベルパタスビル製剤(販売名:エプクルーサ®配合錠、以下本剤という。)を発売する運びとなりました。 本邦では、C型非代償性肝硬変患者に対する直接作用型抗ウイルス剤(DAA)を含む抗ウイルス療法による治療法がありませんでしたが、本剤の発売に伴い、C型非代償性肝硬変のウイルス排除を目的とした治療が初めて可能となりました。
 一方、本邦におきましては、C型非代償性肝硬変のDAAによる治療実績はなく、また本剤の国内第3相臨床試験ではChild-Pugh分類で13点以上の患者は除外されております。従って、本剤による重篤なC型非代償性肝硬変の治療は、診療実績のある肝臓専門医によって注意深く行われることが重要だと考えております。 つきましては、本剤によるC型非代償性肝硬変の治療については、日本肝臓学会肝臓専門医へご紹介いただきますよう、宜しくお願いします。
 なお、日本肝臓学会肝臓専門医については下記URLをご覧ください。
   http://www.jsh.or.jp/medical/specialists/specialists_list
 詳細については、下記のPDFファイルをご参照下さい。
   C型非代償性肝硬変の治療に対する「エプクルーサ® 配合錠」適正使用へのご協力のお願い[PDF:130KB]

※不明な点等につきましては、下記にお問い合わせ下さい。
 【本剤に関するお問い合わせ先】
  ギリアド・サイエンシズ株式会社 メディカルサポートセンター
  TEL:0120-506-295
  (9:00~17:30、土・日・祝日及び会社休日を除く)

以上

ページトップへ