English

会費未納者に対する除名手続きについて

会費未納者に対する除名手続きについて

 本学会定款第38条1項により、会費を連続して2年間滞納した場合は除名となります。
 2015年6月末日の時点で、2015年度除名対象となる会員の方には、本年7月に郵便にてご通知申し上げております。

 

除名手続き

  • 会費を2014年1月より連続して2年間滞納した場合は除名となります。
  • 除名となった者が再び入会をする場合は、原則として過去の会員歴の継続は認められません。
  • 除名となった場合は会員に付随している専門医等の資格も全て喪失することになります。
  • 除名対象の方で期日〈2015年12月28日(月)〉までにご入金がない場合は、除名の手続きをさせていただきますのでご了承のほどお願い申し上げます。

ご注意

住所不明により会費払込票が届かず未納となる場合がありますので、勤務先、ご自宅の住所を変更された場合は、速やかにお手続き下さいます様お願い申し上げます。
(学会誌巻末綴込みの会員登録事項変更届のご提出又はパーソナルページで変更できます。)

一般財団法人 日本消化器病学会
理事長 下瀬川 徹

ページトップへ