English

健康情報誌「消化器のひろば」No.17

健康情報誌「消化器のひろば」No.17

消化器どうしました?Q&A

このコーナーでは、消化器の病気や健康に関する疑問や悩みについて、 専門医がわかりやすくお答えします。

Q. ピロリ菌を除菌した後はどうしたらいいですか?

図

ピロリ菌は、主に幼少期に口から感染し、胃の粘膜に炎症(慢性胃炎)を、さらに加齢とともに胃粘膜が萎縮する萎縮性胃炎を引き起こします。萎縮性胃炎の進行とともに胃がん発生の危険性が高まります。ピロリ菌を除菌することで、胃の炎症が徐々に軽快し、萎縮性胃炎も改善する傾向があり、胃がんの発生が抑制されることが明らかになっています。2013年から内視鏡(いわゆる胃カメラ)検査でピロリ感染胃炎と診断されれば保険診療で除菌できるようになり、多くの方が除菌療法を受けています。なお、除菌薬を内服しただけでは除菌が成功しているとは限らないので、きちんと除菌判定を行い除菌が成功しているかどうか確認することも大切です。

 それでは、ピロリ菌の除菌に成功してしまえば、将来胃がんになる可能性はゼロになるのでしょうか? いえ、ピロリ菌除菌で胃がん発生の危険性が低下することは確かですが、残念ながらゼロにはなりません(図)。ピロリ菌除菌が成功して安心し、胃がん検診を受けずにいたために進行した胃がんが見つかることもあり、問題となっています。また、除菌後に発生する胃がんは診断が難しいこともしばしばあります。したがって、除菌が成功しても定期的な胃がん検診、できれば内視鏡検査が必要です。早期に胃がんが見つかれば、胃がんで死亡することは極めて少なく、さらに外科手術ではなく内視鏡治療のみで根治できることも多いので、ピロリ菌除菌後も定期的に胃がん検診を受けることが大切です。

<回答者>

東北大学病院消化器内科
准教授

小池 智幸

東北大学病院消化器内科 教授 小池 智幸近影

ページトップへ