過敏性腸症候群(IBS)

患者さんとご家族のためのガイド

過敏性腸症候群(IBS)ガイドQ&A過敏性腸症候群(IBS)についてお話しします。

Q4 IBSの便通異常にはどのようなタイプがありますか?

IBSの患者さんでは便秘がちになる方から下痢を起こしやすくなる方までさまざまなタイプがあり、これらはブリストル便形状尺度という評価スケールを用いて、
便の形状と頻度から「便秘型」、「下痢型」、「混合型」、「分類不能型」の4つの型に分けられます。
便秘型の患者さんではブリストル便形状尺度のタイプ1・2、下痢型ではタイプ6・7の便が多く、混合型では両方のタイプの便が同じような頻度で起こります。また分類不能型ではタイプ3~5の便が主体となります。4つの型の違いにより症状も異なり、便秘型の患者さんはストレスを感じると便秘がひどくなります。一方、下痢型の患者さんは緊張するとお腹が痛くなったり、下痢が生じます。混合型の患者さんは下痢をしたり便秘をしたり、便通が変動するのが特徴です。

Q5 IBSの治療はどのようにはじめるのでしょうか?

まず、生活習慣の改善が重要です。
3食を規則的にとり、暴飲暴食、夜間の大食を避け、食事バランスに注意したうえで、ストレスを溜めず、睡眠、休養を十分にとるように心がけてください。刺激物、高脂肪の食べもの、アルコールは控えてください。
生活習慣を改善しても症状がよくならない場合は、次にお薬による治療を行います。薬物療法で最初に用いるお薬としては、消化管機能調節薬と呼ばれる腸の運動を整える薬や、プロバイオティクス(ビフィズス菌や乳酸菌など生体にとって有用な菌の製剤)、あるいは高分子重合体といわれる水分を吸収し便の水分バランスを調整する薬があります。これらのお薬は下痢症状が中心の方、便秘症状が中心の方のどちらにも用いられます。下痢型の方には腸の運動異常を改善させるセロトニン3受容体拮抗薬(5-HT3拮抗薬)、また便秘型の方には便を柔らかくする粘膜上皮機能変容薬も用いられます。また下痢に対しては止痢薬、お腹の痛みには抗コリン薬、便秘に対しては下剤も補助的、頓服的に使用されます。

Q6 最初の治療が効かないときは次にどんな治療をするのですか?

便秘型にはセロトニン4受容体刺激薬という、腸の動きを活発にするお薬を使用することが勧められています。下痢型にはロペラミド塩酸塩などの止痢薬を用います。また漢方薬を使用することも勧められています。漢方薬は古くから使われている生薬を組み合わせたもので、経験的に有効であることがわかっています。腹痛の改善には桂枝加芍薬湯、便秘型に対し大建中湯が広く用いられています。さらにIBSの原因の一つとして食物アレルギーがあげられており、アレルギー除去食や抗アレルギー薬も有効です。 うつ症状が強い場合、腹痛を和らげる作用がある抗うつ薬を用いますが、通常よりも少ない量で効果がみられることが多いようです。三環系抗うつ薬と選択的セロトニン再取り込み阻害薬が有効です。不安が強い場合はベンゾジアゼピン系抗不安薬を用いることもあります。ただし、抗不安薬は依存性の問題もあり長期間の使用は慎重に行います。簡易精神療法は患者さんのストレスを和らげ有効です。
上に述べたそれぞれの場合の治療薬を第1段階の治療薬と併用することも一つの方法です。これらの薬物療法を4~8週間続け、改善すれば治療継続または終了とします。

・転載申請、ご意見・ご要望等
掲載記事の内容は、全て発行当時のものです。
本ガイドは日本消化器病学会の著作物であり、無断転載・無断複写を禁じます。

転載等のお問い合わせは、下記E-mailにてお願いします。
本ガイドへのご意見・ご要望等については、今後の改訂時の参考とさせていただきます(下記までお寄せください)。

個別の医療相談・健康相談にお答えするものでないことをご理解ください。

原則としてご返信はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

E-Mail:info[atmark]jsge.or.jp ※[atmark]を@に置き換えてください。
患者さんとご家族のためのガイド 担当者宛

患者さんとご家族のためのガイド トップへ戻る