胆石症

患者さんとご家族のためのガイド

胆石症ガイドQ&A胆石症についてお話しします。

胆石症

Q1 胆石症ってどんな病気ですか?
どれくらいの人がかかるものなのでしょうか?

結石ができる部位胆汁は、食事で摂取した脂肪分やビタミンの消化・吸収を助ける黄褐色の消化液で、肝臓で1日に600~800mL程度作られ、十二指腸に排出されます。この胆汁が流れる道を胆道と呼びますが、胆道に石(結石)ができる病態を総称して胆石症と呼びます。
胆石は胆汁に含まれる成分が凝縮されて結晶化し、固まったものです。その構成成分によって、「コレステロール石」と「色素石」に大別され、色素石は「ビリルビンカルシウム石」と「黒色石」があります。日本人の胆石症患者さんではコレステロール石がおよそ80%を占めます。また、結石ができる部位によって、「胆のう結石」、「胆管結石」(肝外胆管にできた結石)、「肝内結石」に分けられますが、胆のう結石が約80%ともっとも多く、胆管結石は約20%、肝内結石は約2%にすぎません。
日本人の胆石保有率は食生活の欧米化や高齢化などを背景に年々増加しており、現在では成人の10人に1人は胆石をもっているとされています。もっとも頻度の高いコレステロール石ができやすい人の特徴として「5F」が知られています。これは「Fatty(太った)」、「Female(女性)」、「Forty(40歳代)」、「Fair(白人)」、「Fecund(多産婦)」の頭文字をとったもので、そのほかにも美食家や糖尿病患者さん、血中コレステロール値の高い人、血縁者に胆石症患者さんがいる人なども注意が必要です。

Q2 胆石症にはどうしてなるのですか?
胆石症になると生活にはどんな影響があるのでしょうか?

胆石は、コレステロール石と色素石の2種類があります。コレステロール石は、胆汁のコレステロール濃度が高いときに結晶化し、胆石になります。色素石のうち、ビリルビンカルシウム石は胆汁の細菌感染が原因と考えられていますが、黒色石と呼ばれる石の原因はよくわかっていません。
胆石症になっても、2~3割の人はほとんど症状がみられません(無症状胆石)。しかし、半数以上の人には「胆道痛」といわれる特徴的な右の肋骨の下の部分やみぞおちの痛み、右肩に放散する痛みがみられます。この痛みは食後に出ることが多いのも特徴です。
また、皮膚が黄色くなる「黄疸」症状がみられることもあります。日本人はもともと皮膚が黄色い黄色人種ですので少しわかりにくいのですが、白目の部分の観察で黄疸がわかります。肝臓で作られた胆汁は便に混じって排泄されますが、胆石などによりその流れがせき止められて、十二指腸に排泄されずに血液中に流れることで黄疸になります。黄疸になると皮膚がかゆくなったり、ビリルビン尿という褐色〜黒色の尿が出たりします。
また、胆石が原因で胆のうや胆管に炎症を起こし、高い熱が出ることもあります。胆のう結石では、胆石により胆のうから胆管への胆汁の流れがせき止められ、胆汁の成分が胆のうの粘膜を傷つけ、さらに細菌の感染が加わることで炎症が進み、急性胆のう炎になります。胆管結石の場合は、胆管の中で胆石によりせき止められた胆汁に細菌が感染し炎症を起こします(急性胆管炎)。この感染した胆汁が血液中に逆流し、敗血症というきわめて重い病気を引き起こします。

胆道痛と黄疸の症状

Q3 胆石症を疑ったらどんな検査をするのでしょうか?

胆石症の患者さんは、Q2で示したような痛みの症状を伴うことで医療機関を受診することが多く、画像検査により痛みの原因を探ることで診断されます。その検査方法には、腹部超音波検査、CT、MRCP(磁気共鳴胆管膵管造影検査)、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)などがあり、それぞれ特徴があります。患者さんの状態や胆石のある部位や状況を考慮して検査法を決めます。また、人間ドックや健診などの際に腹部超音波検査を行い胆石が見つかる場合もあります。いずれの場合でも腹部超音波検査で最初に診断されることが多く、とくに胆のう結石の診断には腹部超音波検査が有効です。この検査は、プローブと呼ばれる小さな装置を聴診器のようにお腹にあてるだけの検査で、患者さんの体への負担がないというメリットがあります。
腹部超音波検査による診断が難しい場合には、MRCPやCT、内視鏡検査により診断します。MRCPは放射線被ばくもなく、負担が少ない検査ですが、閉所恐怖症の方や金属を体内に埋めている方、刺青の方は検査を勧められないことがあります。CTは放射線を利用して撮影し、画像を三次元に表示して診断します。また造影剤を点滴しながら撮影する場合もあります。内視鏡検査では先端に超音波を発するプローブが付いている超音波内視鏡(EUS)を利用し、胃や十二指腸から胆のうや胆管に向けて超音波をあてて観察します。また、内視鏡を十二指腸まで挿入し、胆汁の腸への出口である十二指腸乳頭から胆管に造影剤を注入して胆石があるかどうかをX線で撮影するERCPという検査もあります。この検査法では胆石があれば手術に移ることなく内視鏡だけで取り出すことが可能です。なお、ERCPは検査後に絶飲食となるため入院が必要です。

胆石症の検査 - 腹部超音波検査、MRCP 胆石症の検査 - 胆管結石 胆石症の検査

Q4 胆石症はどのようにして診断するのですか?

胆石症の診断は、Q3でお示しした検査法を用いて行います。胆のうに石がある場合は、腹部超音波検査がもっとも役立ちます。胆のうの中に結石エコーと呼ばれる像を確認することで診断します。胆石の種類によってはCTでも診断できます。胆石の大きさ、個数を確認したあと、胆のうの状態をみます。胆のうが腫れていないか、萎縮していないか、壁が厚くなっていないか、胆のう全体が写っているか、などを確認します。
胆のうの中の胆汁がよどんでいると、泥状の影が映ります。この泥は胆のうに炎症があったり、うまく機能していなかったりするときにみられます。また、胆のうの大きさが通常より大きかったり小さかったりするときは、原因が炎症なのか、がんが隠れていないかを調べるため、CT検査を行います。とくに壁が厚くなっていて胆のうがんを疑うときには、造影剤を点滴しながら検査します。
Q3でもお示ししたように、胆管にある胆石は腹部超音波検査だけでは診断できないことがあり、その場合はMRCPやCTなどの検査が必要となります。MRCPでは放射線の被ばくがなく診断できます。CTでは、造影剤を点滴したあとに撮影することでMRCPと同じように胆管と胆石を写し出すことができます。もっともよく胆石を見つけ出すことができるのはEUSで、十二指腸の中から胆管を写し、小さい胆石も写し出すことができます。ただし、通常よりも太い内視鏡を口から挿入する必要があります。

胆石症の診断 - 胆のう結石症、胆のう結石(CT)、胆管結石(MRCP)、胆管結石(ERCP)

・転載申請、ご意見・ご要望等
掲載記事の内容は、全て発行当時のものです。
本ガイドは日本消化器病学会の著作物であり、無断転載・無断複写を禁じます。

転載申請は、下記ページから手続きをお願い致します。
http://www.nankodo.co.jp/pages/reproduction_jsge.aspx

本ガイドへのご意見・ご要望等については、今後の改訂時の参考とさせていただきます(下記までお寄せください)。
個別の医療相談・健康相談にお答えするものでないことをご理解ください。
原則としてご返信はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

E-Mail:info[atmark]jsge.or.jp ※[atmark]を@に置き換えてください。
患者さんとご家族のためのガイド 担当者宛

患者さんとご家族のためのガイド トップへ戻る