English

附置研究会

附置研究会

第1回 Interventional IBD 研究会

代表幹事: 安藤 朗(滋賀医科大学消化器内科)
当番幹事: 安藤 朗(滋賀医科大学消化器内科)
会  期: 2022年4月23日(土) 8時45分~11時40分
会  場: 京王プラザホテル(ハイブリッド開催)
参加費: 無料(総会参加費に含まれる)
テーマ: IBD診療における消化器内視鏡の可能性を探る
趣  旨:

炎症性腸疾患は増加の一途をたどり新しい内科治療が開発されていますが、長期経過に伴う腫瘍性病変の出現やクローン病の狭窄病変など未解決な問題も残されています。我々は消化器内視鏡の卓越した技術を有し、特に悪性腫瘍の診断、治療や小腸病変の処置においては世界のトップリーダー的存在であります。しかし、炎症性腸疾患領域と内視鏡領域を横断的に検討するような研究会は存在していません。そこで炎症性腸疾患に付随する腫瘍性病変や狭窄病変などの内視鏡的interventionに関わる諸問題を明らかにし、それらに対する対応を議論することを目的として本研究会を開催いたします。ぜひ多くの先生方にご応募をいただきたく願っております。

プログラム:

1.特別講演
 2022年1月4日(火)〜2022年2月28日(月)
 演  者:岩手医大 松本主之先生
 タイトル:「潰瘍性大腸炎関連腫瘍に対する内視鏡治療の現状:
 本邦多施設登録研究を中心に」

2.一般演題
 公募 7題程度(応募多数の場合はコアメンバーで採否を検討し
 決定させていただきます)

演題応募:

2022年1月4日(火)~2022年2月28日(月)
演題名、施設名、演者名(発表者に○印)、抄録400字前後
連絡先(TEL、メールアドレス)をMS wordファイルにて作成し、E-mailで下記まで送付ください。
E-mail:sb@belle.shiga-med.ac.jp

お問合せ先: 滋賀医大 消化器内科
第1回 Interventional IBD 研究会事務局
〒520-2192 大津市瀬田月輪 滋賀医科大学附属病院光学医療診療部
TEL:077-548-2217   FAX:077-548-2219
E-mail:sb@belle.shiga-med.ac.jp
担当:馬場 重樹

ページトップへ