English

附置研究会

附置研究会

第2回がんゲノム医療時代におけるLynch症候群研究会

代表幹事: 田中信治(広島大学)
当番幹事: 高山哲治(徳島大学)
会  期: 2020年12月11日(金)17時30分~20時30分
開催形式: 完全Web方式で開催(Zoom)
テ ー マ: Lynch症候群の特色ある症状から、診断、治療まで
プログラム:

1)アンケート調査について
司会:石川秀樹 (京都府立医科大学)
講師:卜部祐司 (広島大学)

2)基調講演
「リンチ症候群の原因遺伝子解析とバリアントの評価」

司会:武藤倫弘(京都府立医科大学)
講師:赤木究 (埼玉県立がんセンター)

3)特別講演
「SCRUM-Japanの取り組み -ゲノム医療最前線と遺伝性腫瘍、特にリンチ症候群をフォーカスして」

司会:石田秀行(埼玉医科大学総合医療センター)
講師:吉野孝之 (国立がん研究センター東病院)

4)公募による一般演題
司会:中島健(がん研有明病院)
小泉浩一(都立駒込病院)

第2回がんゲノム医療時代におけるLynch症候群研究会

演題募集要項

テーマ:Lynch症候群の特色ある症状から、診断、治療まで

一般演題:上記のテーマを中心に募集いたしますが、その他の演題でも結構です。

演題募集:演題名、御所属、筆頭著者名を下記の応募先まで送付ください。

応募先:okuda-er@medical-rs.com
奥田衣里(事務局事務担当まで)

【抄録について】

抄録提出:抄録文字数(演者、共同演者、施設名を除き)は600~800字

抄録提出先:奥田衣里 okuda-er@medical-rs.com

※抄録原稿は、メールの本文、もしくは、wordファイルとして、
okuda-er@medical-rs.comへお送り下さい。

【演題・抄録募集締め切り日】2020年11月3日(火)

参加方法:

学術集会に参加をご希望される方は、
事務局の京都府立医科大学分子標的予防医学 大阪研究室
担当:奥田衣里( okuda-er@medical-rs.com )まで
ご連絡ください。おって学術集会のURLをご案内いたします。

お問合せ先:

がんゲノム医療時代におけるLynch症候群研究会事務局
〒541-0043
大阪市中央区高麗橋3-1-14 高麗橋山本ビル6階
京都府立医科大学 分子標的癌予防医学 大阪研究室
TEL:06-6202-5444
FAX:06-6202-5445
事務担当:奥田衣里
e-mail: okuda-er@medical-rs.com

ページトップへ